Lowering barometric pressure induces neuronal activation in the superior vestibular nucleus in mice .
(低気圧はマウスの上前庭神経核ニューロンを興奮させる)

(哺乳類では世界初の発見!)

気圧の変化を感じる場所が内耳にあった
〜気象病や天気痛の治療法応用に期待〜

詳細はこちらをご覧ください



昔から「猫が顔を洗うと雨が降る」などの言い伝えもあり、わたしたち人間においても、
「天気が崩れると頭痛がする、ぜん息がでる」、「古傷が痛むので、明日雨が降るのが
予知できる」など、他の動物と同じように気圧の変化を感じている可能性があると言わ
れてきました。このたび,マウスにも内耳の前庭器官に気圧の変化を感じる場所がある
ことを、世界で初めて突き止めました。