クリニック

クリニックのご案内

日本でただ一人の「天気痛ドクター」佐藤 純医師が行っている気象病外来/天気痛外来は、愛知医科大学病院 痛みセンター内にあります。
気象病外来/天気痛外来に訪れる患者さんの中で最も多い症状は「頭痛」です。頭痛薬を服用しても治らず、寝込むほど重い症状を訴える患者さんもいます。そのような方は気圧変化の激しい時期になると体調の不安から不眠となり、うつ状態にまで悪化してしまってから初めて佐藤医師の外来を受診するケースも少なくありません。
もしかしたら私も? と思われる方は、ぜひ一度当院での受診をおすすめします。なお現在のところ、初診受付は常に半年以上の予約待ちですので予めご了承下さい。

初診外来のご予約の際は、必ずお近くの「かかりつけ医」からの紹介状が必要になります。

※かかりつけ医 : 普段病気になった時、いつも診てもらっていて、あなたのお身体やご家族のこと、その他困ったことを何でも気軽に相談できる、ご近所の「お医者さん」です。

北海道、九州など遠方からの患者さんもお越し頂いております。まずはご相談下さい。

完全予約制のため、かかりつけの医療機関から地域医療連携室(Fax : 0561-65-0225)までお申し込み下さい。

気象病外来/天気痛外来

愛知医科大学病院 痛みセンター内

所在地
〒480-1195
愛知県長久手市岩作雁又1-1
連絡先
Fax : 0561-65-0225

アクセス


5240

延べ患者数

1983

研究年数

145

発表論文数