ドクター

プロフィール

日本でただ1人の天気痛外来医師である佐藤純。
30数年にわたり、気象と痛み、自律神経との関係を、動物実験や臨床実験で本格的に研究してきた
日本で唯一の医学博士です。
1974 ー 1977
ラ・サール学園高等学校
1977 ー 1983
東海大学医学部、高比良英輔先生に生理学を学び、研究者の道を志す
1983 – 1987
名古屋大学大学院医学系研究科、環境医学研究所、熊澤孝朗先生に師事し疼痛生理学、環境生理学を学ぶ
1987 – 1991
North Carolina University, USA、Reseach Associate Professorとして、慢性疼痛と自律神経系の関連性について研究
1991 – 現在
名古屋大学~愛知医科大学
気象病、天気痛、自律神経性疼痛の研究を進め、愛知医科大学 学際的痛みセンターで慢性痛・気象病・天気痛・自律神経外来を開設

愛知医科大学 医学部 客員教授
中部大学 生命健康科学部 教授
パスカル・ユニバース株式会社 代表取締役
一般社団法人 天気痛治療推進協会 代表理事
日本疼痛学会 理事
日本運動器疼痛学会 理事
日本生気象学会 幹事
日本ペインクリニック学会 評議員
ウェザーニューズ気象病顧問アドバイザー
臨床気象病研究会 代表世話人

テレビ出演

2018-11-12
フジテレビ「PRIME news evening」(他33件)
2018-09-30
TBSテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」
2018-09-20
東海テレビ「スイッチ」
2018-06-21
東海テレビ「ニュースone」
2018-05-12
テレビ朝日「スーパーJチャンネル」
2018-05-05
日本テレビ「世界一受けたい授業」
2018-04-05
NHK「ニュースシブ5時」
2018-03-12
NHK「ニュースチェック11」
2017-10-03
NHK名古屋「ほっとイブニング」
2017-09-14
東海テレビ「スイッチ!」
2017-09-12
NHK「視点・論点」
2017-07-13
朝日放送「おはよう朝日です」
2017-06-28
北海道テレビ「イチオシ」
2017-06-14
毎日放送「ちちんぷいぷい」
2017-06-11
テレビ東京「FOOT x BRAIN」
2017-06-09
日本テレビ「スッキリ!!」
2017-06-07
CBCテレビ「イッポウ」
名古屋テレビ「UP!」
2017-06-02
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」
2017-04-23
TBSテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」
2017-03-03
フジテレビ「その原因、Xにあり!」

雑誌掲載

2018-03-06
My Age 2018春号 Vol.14「それ、もしかしたら天気痛かも?」(集英社) (他38件)
2017-11-11
日経おとなのOFF 100歳まで元気に生きる! おとなの病気予防
「天気が崩れると頭痛,めまい・・・天気痛を治し,不調を改善する!」(日経BP社)
2017-09-26
THE21オンライン「雨が降る前に頭痛がするのはなぜ?」
2017-09-17
NHK解説委員室(視点・論点) 「気象病とは何か」
2017-09-09
LEE 10月号「低気圧が苦手・・台風がくると具合が悪くなる そんなあなたは天気痛の可能性あり」(集英社)
2017-08-09
PHP Business THE21 394号「なぜだかだるい」はこれが原因!? 知っておきたい「天気痛」(PHP研究所)
2017-07-09
anan NEWS「天気痛」??気圧が体の不調を招く場合・・・
2017-06-09
anan No.2060 かっこいいカラダのつくり方。「その不調、実は気圧のせいかも!?」(マガジンハウス)

発表論文

日本語文献

2018-10
低気圧曝露によるマウス前庭神経核細胞の興奮,日本生気象学会雑誌55(3):S31 他
2015-09
天気痛における自律神経の関わり,自律神経 52(3): 221-3
2014-10
気象病,Locomotive Pain Frontier 3(2): 20-4
2014-04
温度不耐性と慢性痛,日本生気象学会雑誌 51(1):3-7
2013-05
気象病と対策.臨床整形外科 48(5):458-61
2012-08
天気と病気, 未来へつなぐたからもの 風媒社
2011-03
天候変化と気分障害.日本生気象学会雑誌 48(1): 3-7
2010-04
リウマチ・関節炎 からだと温度の辞典, 朝倉書店

英語文献

2018-06
Behavioural Brain Research,S0166-4328(18)30294-8. doi: 10.1016/j.bbr.2018.06.015
2018-02
Scientific Reports,19;8(1):3311
2016-03
Physiology & Behavior, 155:237-241
2015-07
PNAS, 112(29):E3930-3939
2014-01
Mol Pain, 10(1): 6
2013-02
Neurosci Lett, 534(8); 295-300
2012-03
Eur J Pain, 16(3):338-48
2011-11
PLoS One, 2011;6(11):e27458
2011-09
J Neurosci, 7;31(36):12963-71