キーワード : "天気痛ドクター"

東海テレビ「スイッチ」にて寒暖差疲労について紹介されました(2021/2/17)

寒暖差疲労とは?

一般的には寒暖差が7℃以上になると生じやすいです。
予防や対策について紹介しました。


日経電子版に天気痛について紹介されました(2020/11/11)

雨の前の不調「天気痛」かも マッサージや漢方で緩和 天気痛発生のメカニズムと主な対策について解説しています。

また天気痛の発症リスクを予測するウェザーニューズ社が提供する
スマートフォンアプリ「ウェザーニュース」天気痛予報も公開しています。

ミセス11月号に天気痛のテーマで取り上げられました(2020/10/7)

文化出版局 ミセス11月号

Healthcare ようこそ、「ミセス外来」へ
天気痛によって悪化する痛み
めまいや耳鳴りにも影響

どんな天気で悪化するかがわかれば、コントロールできるようになります




天気痛ブレス限定販売開始しました(2020/10/5)

日本初の気象病外来・天気痛外来医が開発した天気痛対策ブレスレット。
耳の奥にある気圧センサーが敏感だと天気や気圧の変化でストレスを感じてしまいます。腕にある内関(ないかん)と呼ばれるツボに着目し、この気象ストレスを緩和します。

販売価格2,980円(税込、送料込)
購入ご希望の方はこちらから

ヨミドクター「天気痛コラム」連載開始しました(2020/9/3)

「雨が降ると関節が痛い」「台風が近づくと頭痛がする」……なんてことはありませんか? それは、「気のせい」ではないかもしれません。長年にわたり、天気と体調、病や痛みとの関係について研究してきた天気痛ドクターが、身の回りで起きる天気痛・気象病と、その治療について語ります。

▪️「天気痛」コラム連載
佐藤純の「病は天気から」
第一回「台風が近づくと頭痛がする」は病気です・・・つらさ、理解して(9月3日配信)


朝日放送「おはよう朝日です」に出演しました(2020/7/9)

今朝のクローズアップ
『おきた学園 天気痛』
天気痛の特徴
天気痛の原因
天気痛のメカニズム
天気痛の対策
1 2 3 4