キーワード : "気象病"

天気痛耳せん(小さめサイズ)出ました(2020/9/15)

気圧変化時の症状緩和に

私たちの体の中で気圧変化の影響を最も受けやすいのは耳だと言われています。
天気痛耳せんは、これまでの気圧調整耳せんにはなかった"天気の変化に伴うゆっくりとした気圧の変化"に対応するように作られており、気圧変化による不快感をコントロールします。(気圧調整機能付)
購入はこちら
♦︎ふつうサイズ(ライトグリーン)
♦︎小さめサイズ(クリアホワイト)

テレビ長崎「KTN Live News it!」にて天気痛について電話出演しました(2020/9/4)

台風10号の接近により天気痛の症状を訴える方が増加

天気痛とは?
天気痛の予防や対処法についてお話しさせていただきました。

予防グッズとして「おしゃれ天気痛耳せん」を紹介しました。
購入はこちら

夏に起こる頭痛について【ウェザーニュース記事】配信しました(2020/8/28)

熱中症について【ウェザーニュース記事】配信しました(2020/8/21)

熱中症 3人に1人は屋内で症状が出た経験あり
34%は“経験あり”または“初期症状あり”と回答「ウェザーニュース調査より」
2020年8月19・20日、7383人参加
天気痛予報
天気痛調査2020

夏のめまいについて【ウェザーニュース記事】配信しました(2020/8/11)

ウェザーニュース「くるくる耳マッサージ」について再配信しました(2020/6/28)

ウェザーニューズ気象病顧問アドバイザー の佐藤 純先生が考案した
「くるくる耳マッサージ」が内耳の血流を良くし自律神経を整え気象病予防につながります。
心身の不調が出やすい梅雨は「くるくる耳マッサージ」で体調回復 ウェザーニューズ × 天気痛ドクター 共同開発 『天気痛予報』
1 2 3... 10 11 12