キーワード : "気象病"

LDK8月号に低気圧不調について記事が掲載されました(2019/6/28)

雨の日の頭痛は、気圧の変化に敏感な場合に起こることが多いです。

雨の日の体調不良についての質問にドクターが対処法を紹介しています。
台風やゲリラ豪雨等の低気圧時には頭痛やめまいに注意をしましょう。

株式会社晋遊舎 LDK8月号

女性セブン7月4日号に記事が掲載されました(2019/6/20)

「その不調、梅雨のせいだよ」
内耳が敏感な人ほど気象病になりやすい
『気象病の主な症状』
・頭痛
・肩こり、首こり
・めまい
・関節痛
・朝なかなか起きられない
・憂鬱になる


梅雨特有の病”気象病”ウェザーニュース監修記事、ヤフーニュースでとりあげられました(2019/6/10)

梅雨時の悩み 気象病対策は ヤフーニュース
ウェザーニュース監修記事 梅雨特有の病”気象病”を軽減する方法とは
梅雨の気象病チェックリスト
天気痛についても解説しています。

梅雨時期に増える体調不良について【ウェザーニュース記事】配信しました(2019/6/9)

梅雨時期の体調不良である気象病について解説しています。
ウェザーニューズ気象病顧問アドバイザー の佐藤 純先生が考案した
「くるくる耳マッサージ」が内耳の血流を良くし自律神経を整え気象病予防につながります。

心身の不調が出やすい梅雨 耳マッサージで体調回復


女子栄養大学出版部「栄養と料理7月号」に天気痛について掲載されました(2019/6/8)

専門家に聞きたい ちょっと気になる症状「天気痛」
栄養と料理7月号 女子栄養大学出版部
天気痛のメカニズムについても解説しています。
30年以上天気痛、気象病について研究を続けている世界で唯一のドクター 佐藤 純による詳細解説です。
ぜひご一読ください。


「PHPからだスマイル6月号」に低気圧頭痛について掲載されました(2019/6/5)

PHPからだスマイル 医者が辞めさせたい薬&健康法 2019年5月9日発売

健康への扉

P84 気圧の変化に備える
「雨の日も怖くない 低気圧頭痛にはこう備える!」

雨の日に起こる片頭痛、緊張性頭痛、めまい、耳の症状、首や肩のこり等は天気痛が疑われます。
本書では原因や対策などを詳しく紹介しています。
くるくる耳マッサージが有効です。 詳しいやり方はRead Moreへ

1 2 3... 5 6 7... 9 10 11